安心して物を噛み食べれるようになるにはインプラントは大変有効な治療方法です。

初めてのインプラントもう一度歯笑顔で固いものを噛むために

診断を依頼したいインプラント専門医

持病があったり、顎の骨の強度が十分にない場合には、インプラント専門医が手術は厳しいと判断する事もあるかと思います。自分が受けたくてもインプラント専門医が受けない方がいいという答えを出す事もあるかと思います。

インプラント専門医に診断を依頼したいですね。治療が厳しいと診断された場合には、別のインプラント専門医の意見を聞いてみるというのもいいかもしれませんね。

セカンドオピニオンとして複数のインプラント専門医に意見を求める人も少なくないみたいですね。また、この治療は必要性が常に高い分けではなく、場合によってはブリッジや入れ歯などを使用する事によって、解決できる事もある様です。

メリットとデメリット

何事でも、メリットとデメリットがあります。
インプラントも同じで、メリットとデメリットがありますので、両方を知った上で、自分にとってのメリットとデメリットを考えた上で、治療を行う必要があります。

インプラントを行うメリット

ブリッジや入れ歯と違って天然歯の状態により近い機能を得ることができるのは、インプラントの大きなメリットと言っていいでしょう。

また、周りの歯への負担も無いため、まだ健康な歯に負担をかけるということもありません。
お手入れも、通常の歯磨きで対応ができるため、歯が抜け落ちる前の状態に戻れるということは、精神的にもいいのではないでしょうか。

インプラントを行うデメリット

インプラントは入院などは必要ありませんが、外来で行う手術です。
手術そのものは、短時間で終了しますが、安静期間や経過を確認するために、歯科医院を定期的に訪れる必要があります。

手術前の準備段階から、アフターケアまでとなると、長い期間通院する必要がありますので、短期間での治療を望む方には不向きです。

また、インプラント治療は高額で、一般的に1本あたり30万~40万以上と言われています。
10万円以上の治療となります。